【おすすめ調理器具】一人暮らしでコッヘルを購入するべき理由

Shopping

一人暮らしを始めて5年目。自炊がおっくうだったわたしが「コッヘル」という調理器具セットを購入したことにより、QOLが格段に上がりました。この記事ではコッヘルが一人暮らしにおすすめな理由を4つご紹介します。

一人暮らしにおすすめな調理器具「コッヘル」とは

コッヘルとは、キャンプ、登山等主に屋外で使用される携帯用の小型の調理器具である。
※引用:コッヘル – Wikipedia

このように通常は屋外で使用されるものです。「クッカー」とも呼ばれ、近年ソロキャンブームで人気が高まっています。実はこれが一人暮らしの家でも大活躍!

一人暮らしでコッヘルを購入するべき理由

コッヘルのおすすめポイント

  1. 収納の場所を取らず便利
  2. シンクの場所を取らず洗いやすい
  3. そのまま食卓に出しても映える
  4. バーベキューなどに持っていける

収納の場所を取らず便利

一人暮らしの家を綺麗に保つために重要な収納機能。
コッヘルはもともとは登山など持ち歩くために作られているものなので、「スタッキング」という重ねてコンパクトに収納できる設計になっているものが多いんです。フライパンなどを収納する時にかさばる取っ手部分も折りたたむことができます。コッヘルを持っていると何かとものが増えがちな台所周りを整理しやすくなりますよ。

シンクの場所を取らず洗いやすい

一人暮らしでワンルームとかを借りると悩むのがこれ。「シンクが小さくてフライパンが入らない!」または「取っ手が邪魔で洗いづらい!」。そんな悩みもコッヘルの購入で解決です。先ほど述べたように、コッヘルには基本的に取っ手部分を折りたためる設計になっています。

一人暮らしの方「使った調理器具はすぐにシンクの中で水につけておきたいのだけれど、大きいものをシンクに入れちゃうと洗い物しづらいわ」

こんな悩みもコッヘルなら大丈夫そうですね!

そのまま食卓に出しても映える

わたしが自炊をおっくうだと思う理由No.1はずばり洗い物がめんどくさいこと。シンクの場所を取らないことで洗いやすくはなったものの、そもそも洗い物をできる限り増やしたくない!一人暮らしなので見た目は気にしなくてもよいかと思い、フライパンのまま食卓に出すこともあります。

そんな時、コッヘルならそのまま食卓に出してもちょっとおしゃれ!

ちょっとしたキャンプ気分も味わえて、通常のフライパンのまま食べるよりもテンションがあがります。お皿を出さなくていいので、洗い物も増えず一石二鳥です。

バーベキューなどに持っていける

本来の目的なので当たり前ですが(笑)外でカセットコンロなどを使って料理をしたい時に、手軽に持っていけて便利です。網や鉄板でお肉や焼きそばを焼くだけのバーベキューに、コッヘルの小鍋を持って行って、さっとアヒージョ(焼きそばの具材の余りのシーフードミックスとオリーブオイルと醤油、あとにんにくがあればできます)なんか作ったら人気者間違いなし。

こんな便利な調理器具ですが、2-3人用の小鍋と中鍋とフライパンセットで3,000円から6,000円程度で購入できちゃいます。一人暮らしで調理器具の購入を検討中の方にはコッヘルがおすすめです!