行動に移せない、あなたへ【行動できない理由と解決法を教えます】

学習

悩める若者「やってみたいことはあるけど、行動に移せない…」「最近なんかつまらないけど、何か行動を起こす気にもなれない…」

など行動に移せない人に向けて記事を書きたいと思います。就職を控えている新社会人や社会人になって時間の経っている人、今の自分になんとなくマンネリを感じている人などの参考になれば嬉しいです^^

この記事が読み終わる頃には、漠然と不安や焦燥感を抱いているあなたに、行動を始めるきっかけとして背中を押してあげられている状況になっていたい、と思っています。

そのために紹介すること

  • 行動できない理由
  • STEP1.時間を管理する
  • STEP2.自分の気持ちと向き合う
  • STEP3.どんな手段で動き出すかイメージする

それでは、始めて行きましょう ♪

行動に移せない…【行動できない理由と解決法】

行動できない理由

自己啓発の本をたくさん読んだり、憧れの人から参考になるような話を聞いたりしてもなかなか自分が思う理想の自分になれないのは、『自分とそのお手本の人が過ごす時間の密度が違う』からです。例えば、腹筋バキバキなかっこいいあの人の身体目指すべく、「今日から筋トレをしよう!実際のトレーニング内容はこれか…」となっても、仕事から帰宅して、食事してお風呂に入って洗濯をして…と自分の生活に置き換えるとなかなか真似できなかったり、生活に取り入れられなかったりします。それは、あなたに実行の意思がないのではなく、そもそも過ごしている24時間の内容が全然異なるからなんです。

STEP1.時間を管理する

まず、過去1週間にどんな時間を過ごしてきたか、書き出してみてください。この時、仕事軸に捉われず思いつく限り書いてみてください。

【自分の時間内訳を可視化】

ワーク1.『過去1週間にやってきたこと』を書き出してみよう

  • 仕事
  • 家事
  • スーパーに買い物(食事)
  • コスメ、服などの買い物(その他)
  • 後輩と食事
  • 会社の飲み会
  • 読書
  • アマゾンプライム鑑賞
  • ゲーム
  • 食事、睡眠、お風呂
  • 携帯を見る(youtube/twitter/instagram/facebook/LINE)
  • ブログ

どうでしょうか…?この段階で、一度この項目は特に時間を多く使っているな、と思う内容にマークを書いたり、アンダーラインを引くなどすると面白いです。もし、あまり数が浮かばなかった人は、「仕事」や「家事」でまとめている項目をもう少し細かく書き出してみてくださいね。

(例)
・仕事→社内MTG、商談先訪問、事務処理、アポ取り電話、研修
・家事→炊事、洗濯、洗い物、掃除、買い物、子どものお迎え

【時間がない、って本当?】

ワーク2.プライオリティマネジメント

ワーク1.で書き出していいただいたリストをもとに、『プライオリティ(優先度)』別に振り分けしていただきます。もちろん、これはみなさんの感覚を元にしていただいて構いませんので、枠にそれぞれを分布させていってみてください。判断の項目は2つ。重要度と緊急度です。それぞれの高い、低いを加味するものとします。

STEP2.自分の気持ちと向き合う

いかがでしょうか?STEP1.では、あなた自信のやりたいこととは別に、どんな風に時間を過ごすことによって、いまそういった状態になっているのかを浮き彫りにするワークを行っていきました。今回のステップでは、先ほどまでやってきたワークとは別に、今のあなたの気持ちをピックアップしていくステップに進んでいきたいと思います。

ここであなたにやっていただきたいのが、『なんの制約もない状態であればどんなことをしたいか』を書き出していただくというワークです。難しければ、100万円あたったら、何に使うかでも構いません。今から5分、紙に書き出してみてください。3~5分ほど考えて出てこないアイディアは、今の自分の中にある発想力や思考の材料を元に出せるアイディアの限界なので、それ以上時間をかけても基本的には出てきません。無理して絞り出さずに、自然と浮かぶものをいくつか書き出し、次に進みましょう。「~したい」、「~になりたい」という形で書くのがおすすめです。いきなり言われても難しい…という人もいると思うので、下に私の場合の例を載せておきますね(笑)

【WISHLIST】

ワーク3.WISHLISTを書いてみよう

  • 海外ディズニーに行きたい!
  • 垢抜けて綺麗になりたい!
  • おしゃれでかわいい家に住みたい!
  • 残業をなくしたい!
  • 満員電車に乗りたくない!
  • 自分だけの時間をつくりたい!
  • 英語を話せるようにしたい!
  • リモートの効く仕事をしたい!
  • 週5で働かなくても生活できる状態になりたい!
  • すきなことでお金をいただける状態にしたい!
  • クローゼットの中身を総入れ替えしたい!
  • 家族旅行をしたい!
  • 習い事を始めたい!
  • たっぷりの時間、マッサージを受けたい!

どうでしょうか?もちろん、「それがわかれば今この記事なんか読んでいない…」という人もいると思いますので、難しかった人は「すきなこと」と「きらいなこと」をそれぞれ書き出してみましょう。「すきだったこと」、「きらいだったこと」でも構いません^^

STEP3.どんな手段で動き出すかイメージする

ここまで来れば、あとは『どうやって時間を捻出』するかだけが課題になります。いきなりやりたいことに直結する物事が浮かばなくても、すきなことをしている時間を今よりも多くしたり、逆にやりたくないと思っていることをしている時間を短くするための方法を考えていくのです。手順はシンプルな下記の3つだけ。

  1. 【WISHLIST】の項目の中で、一番手軽に(直近から)できるものを列挙する
  2. 【時間がない、って本当?】の項目の中の、D枠の中から、1.と引き換えられそうな時間を見つける
  3. 1.を叶えるために必要なこと(邪魔になっていること)を書き出して解決方法を書き出す

まだイメージが持ちにくいでしょうか?ここからは、前述している私のワークの例を元に、お伝えしていきたいと思います。是非、お手元にあるそれぞれのワークと照らし合わせながら、やってみてください。難易度の低いものから順に実現できていくと、難易度が高いものをやるためにはどうすればいいか?と調整ができるようになってきます。たまにWISHLISTを見返して、何がすぐにできそうかを都度タイミングで考えてみる時間をとってみるといいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。WISHLISTは新しく興味の持てることがあれば追加してもいいですし、見返したタイミングで熱が冷めているものがあれば消してもいいと思います。大切なのは、あなたが『自分に素直になること』。我慢せずに、欲張っていきましょう!

読者のみなさんが1人でも多く、まずはこのワークをやってみることができるように応援しています!是非、参考にしてみてくださいね!